とつとつ写真日記 カメラ

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RICOH GXRとNikon D7000の写り比べ

最近、Nikon一眼レフカメラD7000を手に
入れたので、単純に写り比べをしてみま
した。

D7000を使ってみて、改めてGXRの実力
と使い勝手の良さを感じさせられました。

比較した写真は笠間稲荷の楼門です。
朱色の門は昭和36年(1961)に竣工され
たものです。

単焦点とズームの違いがあり、単純比較は
出来ませんが、ほぼ同じような画質です。

RICOH GXR+A12(28mm)+SILKYPIX
楼門GXR

Nikon D7000(AF-S Nikkor 16-35mm f/4G ED VR)+SILKYPIX
楼門D7000

D7000と比べて、一番の違いは、

*軽くて、コンパクトなこと
*画質は一眼並で、歪曲が少ない
*電子水準器とグリッド表示が使いやすい
 (特にEVF使用時、暗い部屋などで)

欠点は
撮像素子にゴミが付着したら、自分では
処理できないこと。

GXRの良さを再認識しましたが、D7000の
ズームレンズは抜群です。

とりわけ、VR(手ぶれ防止機能)は使えます。
ズームの望遠側の35ミリ(35ミリ換算で52.5ミリ)
、手持ちでシャッター速度1/8でも全くブレが
ありませんでした。

これからも、両方使って行きますが
やはり建物中心の自分はGXRをメインと
して使うことになるのでしょう。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

GXRカメラユニットのゴミ付着

RICOHのGXRを購入して、9ヶ月が過ぎようとしています。
建物写真には、A12(28mm)カメラユニットは、ひずみが無く、解像度の
良い最適なレンズといえます。また、画像処理は派手さを感じさせない
ところが、RICHOを使い続ける理由です。

ところで、コマーシャルにある「ホコリを気にせずレンズを変える」
とありますが、使っているうちにホコリが付くことが分かりました。
特に、薄曇りの空を背景に撮した写真には黒っぽいシミのように
点々と写ることがあります。

今年、一度サービスセンターでホコリを取ってもらいましたが、また
今週、ホコリが見つかり銀座のリコーサービスセンターに持ち込んだ
ところ、原因はヘリコイド部分の隙間に付着したホコリがピント合わ
せ時に中へ押しやられ、撮像素子に付くらしいことが分かりました。

カメラユニット部にホコリが付かないように注意するしかありません。

GXR+A12(28mm)カメラユニット

RICOH GR DIGITAL III+SILKYPIX

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

カメラ用バッグを購入しました

今週、通販でバッグを購入しました。
斜めがけバッグで、カメラ専用ではないですが、かなり気に入ったものです。
カメラ専用バッグは持つ気になれないし、GXR本体とカメラユニットを入れて
歩くだけなので、充分です。

ところで、今年7月~9月まで節電対策で会社の休日が土日から木金に変更され
ました。宇都宮市でもサマータイムが実施されるとのことです。
個人的には、いろいろ困る人も出てくるでしょうが、しかたがないですね。

牛皮のキャメル色です
バッグ
RICOH GXR+A12(28mm)+SILKYPIX

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

坑内をGXRで高感度撮影

大谷資料館の坑内(RICOH GXR+A12(28mm) ISO1600 F2.5 1/10)
坑内

最近、RICOH GRDⅢからGXRに代えました。
GRDは初代からのユーザでしたが、昨年末に
GXR+A12(28mm)にしてからはGRDⅢとの違いが
だんだん分かってきました。
GXR+A12(28mm)はAPS-Cサイズでこれはすばらしい
レンズですが、GRDⅢは持ち運びに便利で、被写界
深度が深く切れのあるレンズは捨てがたいものが
あります。GXR+A12(28mm)はGRDⅢと同じものを写した
場合、やわらかい感じに思えます。
今日の写真は、ISO1600で写しましたが、実用的
レベルとして使えることがわかりました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

私の愛用したカメラ

今まで愛用していたリコーのカメラ
愛用カメラ.jpg
左側:GR1s、Caplio G4wide、GX200
中:GT-1(GRD用40mm)、GW-1(GRD用21mm)、GW-2(GRD3用21mm)、S10(GXR用24-72mm)
右側:GR、GRD2、GRD3

このブログを立ち上げてから使用したカメラは全てリコーのGRD(GX)シリーズです。
5年ほど前までは、植物写真専門で20数年ニコンF3を使用していましたが、建物中心の写真を取る
ようになってからは全てGRD(GX)シリーズです。
リコーのカメラはフィルム時代のGR1sを使用してから、愛用するようになりました。
このGR1sは、28mmで解像力の優れた歪曲の少ない非常に優秀なレンズでした。
さすがに植物写真には使えませんでしたが、街のスナップや旅行には必ず持ち歩いていました。
今はデジタルで、出番はなくなりましたが今でも愛用したいと思うカメラです。

この写真を撮ったのは、リコーのGXRの28mmです。CMOSセンサーのAPS-Cサイズで一眼レフを凌駕する
描写です。これからのメインカメラになりそうです。

写真データはRICOH GXR+A12(28mm)+SILKYPIX

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

«  | ホーム |  »

プロフィール

常陸のきょろ

Author:常陸のきょろ
趣味は街や建物写真。カメラはコンパクトがメイン、あまり焦らずにゆっくりとアップしていきたい。

最新記事

全記事からのタイトル表示

記事を表示する

カテゴリ

近代化遺産 (5)
茅葺き建物 (4)
神社・仏閣 (29)
街 (110)
歴史 (24)
自然 (34)
旅 (1)
日々の生活 (6)
ブログ (1)
パソコン (1)
車 (1)
カメラ (6)
建物 (470)
未分類 (4)
歴史的建造物 (22)
屋根 (1)

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。