とつとつ写真日記 小栗内外大神宮

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小栗内外大神宮

社伝によると、小栗内外大神宮(おぐりないげだいじんぐう)は平安時代の大同元年(806)に創建された
歴史ある神社で、応永年間(1394~1427)に社殿が焼失し、現在の社殿は
江戸中期の延宝7年(1679)に地元の大工により建立されたものと伝えられ
ています。

この地は、伊勢神宮領とされ、県内でも唯一の御厨(みくりや)であったことが判明して
いて、神明造(しんめいづくり)本殿を二棟並立させる形式として、日本で現存する最古の
ものとして貴重な建物です。
*御厨とは
 古代・中世の皇室や神社の食料品を献納した皇室・神社所属の領地です
~茨城県筑西市小栗にて~

内宮御門(ないくうごもん)
内宮御門

内宮本殿
内宮本殿

内宮本殿屋根
内宮本殿屋根

外宮御門(げくうごもん)
外宮御門

外宮本殿
外宮本殿

御遷殿(ごせんでん)
御遷殿

御遷殿屋根
御遷殿軒下

カメラ、レンズ
FUJIFILM X-E1
     XF18mm(27mm相当)
     XF14mm(21mm相当)
現像 SILKYPIX

スポンサーサイト

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

コメント

伊勢神宮領の御厨ですか・・素晴らしい建築ですね。茅葺き屋根の御遷殿いいですねぇ。

いつもコメントありがとうございます。

華やかさはありませんが、格式ある素晴らしい建物です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumirewild.blog107.fc2.com/tb.php/723-2ade1bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

常陸のきょろ

Author:常陸のきょろ
趣味は街や建物写真。カメラはコンパクトがメイン、あまり焦らずにゆっくりとアップしていきたい。

最新記事

全記事からのタイトル表示

記事を表示する

カテゴリ

近代化遺産 (5)
茅葺き建物 (4)
神社・仏閣 (29)
街 (110)
歴史 (24)
自然 (34)
旅 (1)
日々の生活 (6)
ブログ (1)
パソコン (1)
車 (1)
カメラ (6)
建物 (470)
未分類 (4)
歴史的建造物 (22)
屋根 (1)

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。