とつとつ写真日記 静神社(しずじんじゃ)

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静神社(しずじんじゃ)

常陸国(ひたちのくに)では、一の(みや)鹿島神宮に次いで、二の(みや)として皇室を始め、
将軍家や一般民衆の尊崇(そんすう)を受けた、名神大社(みょうじんたいしゃ)とされています。

社殿は天保12年(1841)の火災で焼失し、後に徳川斉昭(とくがわなりあき)(水戸9代)
により再建されたものといいます。

また、宝物には奈良時代末期作と伝えられる「静神宮印」と刻まれた
銅印(国指定重要文化財)があり、古くは神宮として格式が高い神社で
あったとされています。
~茨城県那珂市静にて~

一の鳥居
一の鳥居

神門
神門

神門の屋根
神門の屋根

拝殿
拝殿

本殿屋根
本殿屋根

杉の枯木
杉

カメラ、レンズ
FUJIFILM X-E1
     XF18mm(27mm相当)
     XF14mm(21mm相当)
現像 SILKYPIX

スポンサーサイト

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumirewild.blog107.fc2.com/tb.php/736-c1814d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

常陸のきょろ

Author:常陸のきょろ
趣味は街や建物写真。カメラはコンパクトがメイン、あまり焦らずにゆっくりとアップしていきたい。

最新記事

全記事からのタイトル表示

記事を表示する

カテゴリ

近代化遺産 (5)
茅葺き建物 (4)
神社・仏閣 (29)
街 (110)
歴史 (24)
自然 (34)
旅 (1)
日々の生活 (6)
ブログ (1)
パソコン (1)
車 (1)
カメラ (6)
建物 (470)
未分類 (4)
歴史的建造物 (22)
屋根 (1)

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。