とつとつ写真日記

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結城三百石記念館

結城家は戦国時代、現在の結城市に本拠を構えた結城氏の流れ
を汲むと言われています。

結城家は、江戸時代を通じて豪農名主とされ、明治初期には戸長(こちょう)
として、この地の中心的役割を担ってきたとされています。
【戸長】明治初期、町村制施行以前に、町村に置かれた役職。
    行政事務をつかさどると共に、町村の代表という性格。

この記念館は、当主・結城康行氏からつくばみらい市(旧伊奈町)
へ寄贈された建物・土地・歴史資料をもとに整備されたものです。
~茨城県つくばみらい市谷井田にて~

長屋門
長屋門

長屋門入口
長屋門入口

目隠し塀
目隠し塀

母屋
母屋

式台玄関
玄関

土間
土間1 土間2

上がり口
上がり口

釜戸
釜戸

床の間
床の間

欄間
欄間

一の蔵
一の蔵

二の蔵
二の蔵

蔵内の道具
道具1 道具2

消火ポンプ
消火ポンプ

カメラ、レンズ
FUJIFILM X-E1
  XF18mm(27mm相当)
  XF14mm(21mm相当)
現像 SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

古民家 松本邸

松本邸は、農林水産事務次官を歴任された松本作衛(まつもとさくえ)氏の屋敷で
現在は、NPO法人「古瀬(ふるせ)の自然と文化を守る会」が管理運営し、
つくばみらい市都市農村交流施設として、野菜作りなどの農業
体験や農村生活体験などの基地として活用されています。

茅葺きにトタンを被せた主屋は、江戸時代後期の建物で、裏手
には茅葺きの書院があります。
~茨城県つくばみらい市筒戸にて~


門

主屋
主屋

主屋玄関
主屋玄関

主屋の部屋
主屋部屋1 主屋部屋2

釜戸
釜戸

書院
書院

書院の屋根
屋根


蔵

横の門
木戸

カメラ FUJIFILM X-E1
レンズ FUJIFILM XF18mm(27mm相当)
FUJIFILM XF14mm(21mm相当)
現像 SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

昭和が残る石川町

本来、市街地の下泉にある「鈴木家の門」を撮しに行ったのですが、
現在解体され再建工事中のため、町なかの建物を見てきました。

市街地の道路が曲がりくねっているのは、石川城(三芦城)の城下町
であった証なのでしょうか?

町なか散策すると、昭和初期に建てられたと思われる古い建物が多く
見受けられ、懐かしさを感じさせる落ち着いた良い町です。
そんな目に付いた建物をカメラに納めてきました。

~福島県石川郡石川町下泉付近にて~

旧医院
吉田医院

アパート
アパート

商店?
二階屋

木造の橋
木造橋

酒店
酒店

通りの商店
通りの店

蔵の家
蔵の家

薬局
薬局

旧専門学校
専門学校

呉服店
呉服店

旅館
旅館

カメラ FUJIFILM X-E1
レンズ FUJIFILM XF18mm(27mm相当)
FUJIFILM XF14mm(21mm相当)
現像 SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

薬師堂(石川町)

薬師堂は、かつて藤原時代(平安時代中期・後期)の様式を
もっていたとされていますが、その後の建て替えで改変され、
昭和61年(1986)の修理により現在の建築になったとあります。

須弥檀(しゅみだん)下に
「元文二歳丁巳霜月吉日、高田町、奉竒紋、瀬谷原八良、本口」
と書かれてあり、須弥檀の制作年と考えられています。
*須弥檀とは、仏像を安置する壇で、四角・八角・円形などがあり
 木・土などで作られています。

本尊の薬師如来坐像は摩耗が著しく、製作年代および作者とも
詳細不明とされています。
~福島県石川町大室、薬王寺にて~

参道の石段
石段

薬師堂(石川町指定文化財)
薬師堂

薬師堂入口
入口

入口の天井
天井

本堂
本堂

カメラ
FUJIFILM X-E1
FUJIFILM XF18mm(27mm相当)、XF14mm(21mm相当)
現像:SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

日立市薬師堂

本薬師堂は、明治42年(1909)に地元民により建立されたもので、
薬師如来坐像(県指定重要文化財)、及び両脇侍の日光・月光菩薩
立像と薬師如来の従者である十二神将(じゅうにしんしょう)が安置されているそうです。
~茨城県日立市久慈町にて~

薬師堂
薬師堂

正面入口
入口正面

カメラ
 FUJIFILM X-E1
レンズ
 FUJIFILM XF18mm(27mm相当)
 FUJIFILM XF14mm(21mm相当)
現像:SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

舘ヶ岡磨崖仏

舘ヶ岡磨崖仏(たてがおかまがいぶつ)及び供養碑群は、中世須田氏の居城であった
向山丘陵(むかいやまきゅうりょう)の西崖面に位置しています。

大仏は高さ2.15mの阿弥陀如来坐像で、鎌倉時代後期の作と
され、舘ヶ岡本郷にある大仏来迎寺の旧寺院趾と伝えられてい
ます。

また、磨崖仏の左右の崖面にあるとされる、供養碑群は確認する
ことが出来ませんでした。
~福島県須賀川市舘ヶ岡向山(たてがおかむかいやま)にて~

磨崖仏
磨崖仏

磨崖仏の顔                  小さな磨崖仏
仏の顔   小さな磨崖仏

磨崖仏のある所から、20メートルほど離れたところにある線刻石群です。
刻んである文字や図柄ははっきり分かりませんが、説明を参照ください。
説明板
説明板

図1の石                    図2の石
図1の石   図2の石

カメラ:FUJIFILM X-E1
レンズ:FUJIFILM XF18mm(27mm相当)
現像 :SILKYPIX

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

古寺山白山寺

仙道三十三観音第十二番札所である古寺山白山寺(こでらさんはくさんじ)は、養老7年(723)
奈良時代の高僧行基菩薩(ぎょうぎぼさつ)が開基したと伝えられ、観世音菩薩を祀って
ある観音堂は、須賀川城主二階堂氏の祈願所とあります。

「古寺山の松並木」は福島県の天然記念物に指定されていますが、
枯れてしまったのか、参道には数えるほどしか残っていないのは
残念です。
~福島県須賀川市上小山田古寺にて~

仁王門
仁王門

仁王像の阿形像              吽形像    
阿形像  吽形像

観音堂
観世音菩薩堂

奉納面
奉納面

兵隊の絵馬                 武士の絵馬
兵隊の絵馬  武士の絵馬

鐘楼
鐘楼

赤松の根
松

参道の松
松の大木

カメラ
FUJIFILM X-E1+現像SILKYPIX
レンズ
FUJIFILM XF18mm(27mm相当)
FUJIFILM XF14mm(21mm相当)
FUJIFILM XF35mm(53mm相当)
FUJIFILM XF18-55mm(27-84mm相当)

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

筑波海軍航空隊跡

筑波海軍航空隊は、昭和9年(1934)に霞ヶ浦海軍航空隊の陸上班の
一部を友部(現在の笠間市旭町)に移し、初等教育班として搭乗員養成
にあたる分遺隊が設置されたものです。

友部分遺隊では、一般兵より採用された操縦訓練生が、三式初練や
九三式陸上中間練習機(赤トンボ)で、飛行訓練を行っていたとあり、
昭和11年(1936)になると、予科練出身の練習生も入隊し、6ヶ月の
基礎訓練が行われました。

昭和12年(1937)7月に日中戦争が始まり、翌年の12月に友部分遺隊
は独立して、筑波海軍航空隊となり、この航空隊では、所属した73人の
特攻隊員が、太平洋戦争末期のフィリピンや沖縄で命を落としました。

この建物は、昭和35年(1960)に茨城県立友部病院本部の管理棟として
転用され、平成23年(2011)までの51年間に亘って使用されたものです。

今年、この史跡を観光拠点として活用するプロジェクトがスタートし、
建物の一般公開や当時の資料等を展示する計画が進んでいます。
~茨城県笠間市旭町、県立こころの医療センター敷地内にて~

司令部庁舎
司令部庁舎

庁舎玄関前
玄関前

廊下                     階段
廊下  階段

室内
室内

木製ロッカー                海軍マーク
ロッカー  海軍マーク

彫刻と号令台
彫刻と号令台

号令台
号令台

彫刻「かえり雲」
彫刻

資料館
資料館

木製プロペラ
木製プロペラ

寄せ書き
寄せ書き

日の丸の寄せ書き           食器具
日の丸の寄せ書き   食器具

カメラは
FUJIFILM X-E1、現像SILKYPIX
レンズ
XF18mm(27mm相当)
XF14mm(21mm相当)
XF35mm(53mm相当)
XF18-55mm(27-84mm相当)

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

須賀川のまちなか散策

須賀川市は、福島県のほぼ中央に位置し、那須連峰や阿武隈高地の
山並みを望み、市内を流れる阿武隈川と釈迦堂川に挟まれた自然豊
かなまちです。

戦国時代は城下町として、江戸時代は宿場町、そして明治時代は
商工業の町として栄えたところという。
そんな懐かしさの残る建物を探しながら、須賀川のまちなかを散策
してみました。

「須賀川知る古会」の方から頂いた”まちなかマップ”頼りの散策で
したが、先の東日本大震災により、マップに載っていた何件かの
建物は被害のため、取り壊されて更地となっていたのは残念でした。

~福島県須賀川市にて~

川澄製麺所
川澄製麺所

小林農機店
小林農機店

馬町通り商店街
馬町通り

酒部種苗店
酒部種苗店

八木甚本店
八木甚本店

佐藤家
佐藤家

井桁屋本舗
井桁屋本舗

井桁屋店内
井桁屋店内

石井家
石井家

マンマ鎌倉屋
マンマ鎌倉屋

カメラは
FUJIFILM X-E1
XF18-55mm(27-84mm相当)、XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

和田大仏及び横穴古墳群

大仏は、横穴古墳群が築造されていた崖面に彫られたもので、
鎌倉時代の磨崖仏とされています。

高さ約3.6mの大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう)(阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)とも)と言われて
います。

大仏の乳部がえぐられているのは、昔、乳不足の婦女子が大仏の
乳部を削って飲むと母乳の出が良くなるとの信仰から、この様に
なったと伝えられています。

これら大仏や横穴古墳群は、阿武隈川流域を中心に支配していた
豪族の墓跡と考えられています。
~福島県須賀川市和田大仏にて~

大仏の入口
大仏入口
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

大仏
大仏
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

大仏の顔部分
顔部
FUJIFILM X-E1 XF18-55mm(27-84mm相当)+SILKYPIX

横穴に彫られた磨崖仏です
磨崖仏1  磨崖仏2
FUJIFILM X-E1 XF18-55mm(27-84mm相当)+SILKYPIX

横穴
横穴
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

宇都宮市水道戸祭配水場

戸祭配水場は、宇都宮市水道の創設事業により大正5年(1916)3月
に通水を開始した施設です。

当時、今市浄水場で浄水した水をこの配水場に送水し、配水池に
一旦貯めてから市内に配水されました。

当配水場の配水池は、創設当時の石積煉瓦造りの姿を残しており、
配水池容量7,800㎥の現役の配水池です。
また、国登録有形文化財、及び土木学会選奨土木遺産に指定されて
いる貴重な文化財です。

この見学にあたり、宇都宮市上下水道局の職員さんの丁重な説明と
ご案内を頂き、大変ありがとうございました。
~栃木県宇都宮市中戸祭町、戸祭配水場にて~

正門
正門

配水池
配水池

配水池側面
配水池側面

アーチ
アーチ

出水井
出水井

高架水槽
高架水槽

FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

桙衝神社

桙衝神社(ほこつきじんじゃ)は、建御槌命(たけみかずちのみこと)日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀り、延喜式神明帳(えんぎしきじんみょうちょう)
記された延喜式内社(えんぎしきないしゃ)とあります。

延喜式神明帳
延喜式は、延長5年(927)にまとめられた律令の施行細則であり、
平安初期の禁中(きんちゅう)(宮中、皇居)の年中儀式や制度などのこと。
その延喜式に記載された神社の一覧が延喜式神明帳であり、
その神社を式内社といい、一種の社格を表すものという。

現在の本殿は、慶安元年(1648)白川藩主榊原忠次(さかきばらただつぐ)の命により
建立されたものとあります。残念ながら、本殿の写真はまともに
撮れない位置にあり写れませんでした。

拝殿、随神門(ずいじんもん)とも須賀川市有形文化財(建)に指定されています。

~福島県須賀川市桙衝字亀居山にて~
神社入口
桙衝神社
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

随神門
随神門
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

拝殿
拝殿
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

岩瀬牧場の近代化産業遺産

岩瀬牧場は、日本最初の国営牧場として誕生し、宮内省御料局(くないしょうごりょうきょく)
直営の御開墾所(ごかいこんじょ)として創設されたものです。

歴史は国営牧場から民間牧場となり、そして個人経営に至る
変遷(へんせん)を重ねて、現在は観光牧場として営まれています。

この岩瀬牧場には、近代化産業遺産として玉蜀黍貯蔵所(とうもろこしちょぞうしょ)
旧牛舎棟、旧事務所(現歴史資料館)、コンクリートサイロ、
トラクター展示館、穀物倉など、明治・大正の建造物が
残されています。
~福島県岩瀬郡鏡石町、岩瀬牧場にて~

玉蜀黍貯蔵所(とうもろこしちょぞうしょ)
貯蔵所
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

茅葺きの貯蔵所
茅葺きの貯蔵所
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

貯蔵所入口
貯蔵所入口
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

貯蔵所内
貯蔵所内
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

旧五号牛舎東棟
旧五号牛舎東棟
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

旧五号牛舎西棟
旧五号牛舎西棟
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

牛舎内
牛舎内
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

穀物倉
穀物倉
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

穀物倉の壁
穀物倉の壁
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

トラクター展示館
トラクター展示館
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

歴史資料館(旧事務所)
歴史資料館

資料館内
資料館内
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

牧場の朝
牧場の朝
FUJIFILM X-E1 XF35mm(53mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

朝靄の大内宿

11/16(土)~17(日)の二日間、私が会員なっている「日本茅葺き文化協会」
主催による、大内宿の茅刈り、茅葺き体験ワークショップに参加してきました。

大内宿には何度か訪れていますが、今回初めての宿泊です。

区長さんや大内宿保存会の会長さん、地元の方との交流も交えて、
歴史や、ご苦労話など貴重なお話を聞くことが出来、大変有意義
な二日間でした。

朝靄の大内宿は幻想的で、なかなか良いものです。

~福島県南会津郡下郷町大内にて~

【早朝の大内宿の様子】
早朝6時頃の大内宿の様子です。
まだ観光客の姿もなく、軒先の屋号灯が薄暗く照らしているのが
茅葺き民家の情緒を演出しています。

早朝の宿場1

早朝の宿場2

早朝の宿場3

町並み展示館(復元本陣)
町並み展示館

浅沼家(扇屋分家)
浅沼家

FUJIFILM X-E1 XF18-55mm(27-84mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

諏訪神社第二宮

建長二年(1250)に信州諏訪大社の神官・藤原高利(ふじわらたかとし)(万年大夫(まんねんたいふ))が
諏訪大社の御分霊をこの地に祀り創建されたと伝えられています。

諏訪神社は、第二宮と上諏訪神社の二つの社を併せて諏訪神社
と呼ばれているそうですが、ここは第二宮の方です。

江戸時代の元禄年間には、水戸光圀も参詣され万年大夫夫婦像
の保護に力を尽くされたと伝えられています。

*万年大夫夫婦像は茨城県の文化財に指定されています。
 また、大夫とは、神職の称を意味します。

~茨城県日立市諏訪町にて~

神社入り口
神社入り口
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

長い石段の参道
参道
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPI

拝殿
拝殿
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPI

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

諏訪の水穴

日立市の諏訪町(すわちょう)を流れる、鮎川(あゆかわ)からつながる「諏訪の水穴(みずあな)」です。
ここにあることは、ずーと以前から知っていましたが、水穴を側から
見たのは初めてです。

この水穴の周囲は石灰石の山です。説明によると鍾乳洞とある
ので、石灰石の間を通ってきているのでしょう。

水穴の奥がどうなっているのか分かりませんが、入らないように
となっているので、危険なところでしょうか。
~茨城県日立市諏訪町にて~

諏訪の水穴
諏訪の水穴
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

水穴
水穴
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

水穴の説明
説明板
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX


水穴のすぐ真上を架空索道(かくうさくどう)が通っています
架空索道
FUJIFILM X-E1 XF18-55mm(27-84mm相当)+SILKYPIX

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

御霊神社(ごりょうじんじゃ)

那須与一(なすのよいち)が山城国(京都)伏見の即成院において急死したので、
供人(ともびと)角田四郎が分骨し持ち帰り、この地に社殿を造って祀った
のが始まりとされています。

何の変哲もない地味な神社ですが、那須与一の縁の神社
として訪れてみました。
~栃木県那珂川町恩田にて~

御霊神社
御霊神社

拝殿
拝殿

本殿
本殿

FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

五輪塔(宝蔵院)

高さ163.5㎝の古い五輪塔です。
那珂川町の文化財指定されていますが、どのような物なのか
わかりません。由緒ある物なのでしょうね。

地輪(一番下の地面に接した石)には宝永7年(1710)と刻んで
あるそうです。
実際確認してみましたが、劣化が激しく何が刻んであるか
分かりませんでした。
~栃木県那珂川町三輪の宝蔵院にて~

五輪塔
五輪塔
FUJIFILM X-E1 XF35mm(53mm相当)+SILKYPIX

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

山寺の晩鐘ほか

常陸太田市の山吹運動公園の近くには、水戸八景の「山寺の晩鐘」と
「雪村の碑」の二つの石碑があります。

史跡にはあまり詳しくない自分なので、詳細は案内板をご参照ください。
~茨城県常陸太田市稲木町にて~

山寺の晩鐘
山寺晩鐘

石碑
晩鐘石碑

案内板
晩鐘の案内板

雪村の碑
雪村の碑

案内板
雪村の碑案内板

FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

コキアは遅かった

コキアはまだ見られるかな?と思いつつ国営ひたち海浜公園に
行ってきました。

残念ながら今年は暑い日が続いたせいか、もう終わっていました。
たぶん10月半ば頃が見頃だったのかもしれませんが、その時期は
あまり天気が良くなかったことと、台風が接近していた頃でした。

平日でしたが、天気も良かったせいか結構な来園者でした。
~茨城県ひたちなか市国営ひたち海浜公園にて~

みはらしの丘
コキア
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

古民家
古民家
FUJIFILM X-E1 XF35mm(53mm相当)+SILKYPIX

西池
西池
FUJIFILM X-E1 XF35mm(53mm相当)+SILKYPIX

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

上黒磯の阿弥陀堂

お堂は寛保(かんぽう)3年(1743)に建立されたものとあります。
上・下黒磯地域集落の信仰の中心として、このお堂が
建てられたものと考えられています。

お堂内は6畳ほどですが、明治8年(1875)から明治22年(1889)
まで小学校(黒磯小)の教室として使用されていたもので、お堂
には「化成舎(かせいしゃ)」の焼印が捺されています。

明治の初め、学校として使われた建物で、現存しているのは市内では
ここだけとのことです。

普段は鍵がかかってお堂内部は見られませんが、この日は管理され
ている住民の方のご配慮で開けて頂きました。

*化成舎
化成とは育ててその成長を遂げさせること、その学舎です。
ここでは、鍋掛の日新館(現鍋掛小学校)の分校(明治8年5月開校)
を指します。
~栃木県那須塩原市塩野崎にて~

阿弥陀堂
阿弥陀堂
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

お堂正面
阿弥陀堂正面
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPI

お堂の須弥檀(しゅみだん)
阿弥陀堂内部
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

阿弥陀如来立像
阿弥陀如来像
FUJIFILM X-E1 XF35mm(53mm相当)+SILKYPIX

焼印
焼き印
FUJIFILM X-E1 XF35mm(53mm相当)+SILKYPIX

石仏
石仏
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPI

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

高木会館(旧黒磯銀行本店)

大正5年(1916)に建てられた旧黒磯銀行本店です。

建物は銀行らしい重厚な石造りですが、屋根の破風飾り
やアーチ型の窓飾りがお洒落な感じです。

黒磯銀行は、黒磯に本店を置く初の銀行として大正7年(1918)
に開業し、昭和25年(1950)まで営業をしていたそうです。
その後は高木家にて使用しているとあります。

高木会館
高木会館
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

建物の正面
高木会館正面
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

入口
入口
FUJIFILM X-E1 XF35mm(53mm相当)+SILKYPIX


黒磯駅前付近には、歴史を感じさせる建物が多くあります。
その中で、高木会館の近くにあった2つの建物も撮してきました。

明治屋
明治屋
FUJIFILM X-E1 XF18-55mm(27-84mm相当)+SILKYPIX

神山商店
神山商店
FUJIFILM X-E1 XF18-55mm(27-84mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

集中曝涼(常陸太田市)

曝涼(ばくりょう)とは、平素収納している図書・衣類・諸道具などを
日にさらして風を通す虫干しの事です。

常陸太田市では、指定文化財をこの時期に集中的に曝涼を
兼ねて一般市民に公開しています。

今年は、10/19(土)と10/20(日)の二日間にわたって12ヶ所
を公開しています。
貴重な文化財であり、通常見られない4ヶ所に行ってきました。

~茨城県常陸太田市にて~

木造薬師如来坐像(国指定重要文化財)
薬師如来坐像
高さ143.7㎝(台座を含むと290.7㎝)で九重(きゅうちょう)蓮華座(れんげざ)上に
座り、背中に飛天のつく光背があります。平安時代後期の作
とされています。(西光寺)

賓頭廬像(ひんずるぞう)
賓頭廬像
十六羅漢(らかん)のひとりで江戸時代の作とされ、その体をなでれば
痛いところが治るといわれています。(西光寺)

木造千手観音立像
千手観音立像
鎌倉時代の作と考えられ、ヒノキ材寄木造りで高さ350㎝は
茨城県内では二番目の大きさとあります。(菊連寺)

木造多聞天立像(もくぞうたもんてんりゅうぞう)
多聞天立像
ヒノキ材の一本彫りで高さ168㎝、平安時代後期の作とされ
ています。千手観音の脇侍となっています。(菊連寺)

木造不動明王立像(もくぞうふどうみょうおうりゅうぞう)
不動明王立像
ヒノキ材の一本彫りで高さ162㎝、平安時代後期の作とされ
ています。
右の目は天を、左の目は地を見渡し、天地眼といって世界の全てを
見通していることを示すものとあります。千手観音の脇侍となって
います。(菊連寺)

阿弥陀如来立像
阿弥陀如来立像
高さ164.2㎝の鉄仏で銘文では鎌倉時代の弘長4年(1264)に
法然寺の阿弥陀如来像として造られたものとなっています。
(阿弥陀堂)

木造阿弥陀如来坐像
阿弥陀如来坐像
高さ約158.3㎝の寄木造りで表面は漆箔で仕上げられ、鎌倉時代初期に
関東北部で造られたものと考えられています。(来迎院)

木造如来形坐像(もくぞうにょらいぎょうざぞう)
如来形坐像
手先の部分が失われており、仏像の種類は不明とされています。
各部の配置などから平安時代末期の様式を汲む、院派仏師(いんばぶっし)
より京都や奈良で作られたものと考えられています。(来迎院)

写真は全て、FUJIFILM X-E1 XF18-55mm(27-84mm相当)+SILKYPIX

テーマ:お散歩カメラ - ジャンル:写真

関宿水閘門

関宿水閘門(せきやどすいこうもん)は、利根川と江戸川の分岐点にあり、利根川より江戸川に
入る水量と水位の調整を行うために建設されたものです。
大正7年(1918)11月に工事が始まり、昭和2年(1927)に完成したと
あります。

水閘門とは、流量調整を行う「水門」と、船の運航のための「閘門」
を併せ持つ施設です。
~茨城県猿島郡五霞町にて~

水閘門
関宿水閘門

認定書
認定書

水門
水門

水門の上部
水門の上部

閘門
閘門

閘門の扉
閘門の扉

水位観測所
水位観測所

FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

結城市の見世蔵(2/2)

前回に引き続き、結城市の見世蔵をご紹介させていただきます。

車で行こうかと考えていたのですが、今回は電車にしました。
電車が好きなことと、駐車場の心配がないためです。

結城市の近代建築物は結城駅北口から徒歩で、10分ぐらいのところ
に集中しています。また、多くの建物が国登録有形文化財に指定さ
されているのも特徴です。
~茨城県結城市結城地区にて~

旧黒川米穀店店舗(国登録有形文化財)
旧黒川米穀店店舗
FUJIFILM X-E1 XF18-55mm(27-84mm相当)+SILKYPIX

山中石材店
山中石材店
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

鈴木紡績主屋(国登録有形文化財)
鈴木紡績主屋
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

中澤商店(国登録有形文化財)
中澤商店
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

河野商店
河野商店
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

真盛堂(しんせいどう)
真盛堂
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

結城酒造(国登録有形文化財)
結城酒造
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

武勇(ぶゆう)
武勇
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

秋葉糀味噌醸造(あきばこうじみそじょうぞう)見世蔵(国登録有形文化財)
秋葉糀味噌醸造
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

結城市の見世蔵(1/2)

結城市は鎌倉時代に、結城朝光(ゆうきともみつ)が源頼朝からこの地を与えられてから
結城家の城下町として発展し始め、室町時代には結城特産の布が幕府
へ献上されたことから「結城紬」と呼ばれるようになったとあります。

現在も紬問屋等として利用されている見世蔵や格子戸の店舗が数多く
あり、商都として栄えた結城の町並みを見ることが出来ます。

今回、撮り歩いた見世蔵等を2回に分けてご紹介させていただきます。
~茨城県結城市結城地区にて~

簗島(やなしま)邸居宅
簗島邸
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

小西金物店(国登録有形文化財)
小西金物店
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

会津屋本店
会津屋本店
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

小倉(おぐら)商店店舗兼主屋(国登録有形文化財)
小倉商店
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

桜井長太郎商店
桜井商店
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

鈴木新平商店

鈴木新平商店
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

須関(すせき)商店

須関商店
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

奥順(おくじゅん)店舗(国登録有形文化財)
奥順店舗
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

奥順(おくじゅん)見世蔵(国登録有形文化財)
奥順見世蔵
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

奥順壱(おくじゅんいち)の蔵
奥順壱の蔵
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

キヌヤ薬舗店舗
キヌヤ薬舗店舗
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

ハマヒサカキ

近所に住む知人の生け垣が見慣れない植物だったので、名前を
聞いてみたけど分からないそうで、時々尋ねられるそうです。

図鑑で調べるため、貰ってビンにさしたものです。
茨城県では見たことが無い植物であり、光沢のある厚い葉に特徴が
あることから、海岸に生えるものと検討をつけて調べてみました。

漢字では浜非榊と書きます、ツバキ科ヒサカキ属の常緑樹で
中部以西の海岸に生息するものらしい。

ビンにさしてから2週間以上になるが、枯れることなく青々しています。
丈夫な植物です。

ハマヒサカキ
FUJIFILM X-E1 XF35mm(53mm相当)+SILKYPIX

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

常磐神社

高譲味道根命(たかゆずるうましみちねのみこと)(徳川光圀公)と押健男國御楯命(おしたけおくにのみたてのみこと)(徳川斉昭公)の
二柱を御祭神として祀られている神社です。

戦前は「別格官幣社(べっかくかんぺいしゃ)」とされ、主として皇室尊崇の神社および天皇
・皇親・功臣を祀る神社で、この制度は戦後廃止されたとあります。

~茨城県水戸市常磐町にて~

大鳥居
大鳥居
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

手水舎
手水舎
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

拝殿
拝殿
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

東湖神社(とうこじんじゃ)
東湖神社
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

能楽殿
能楽殿
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

旧彰考館文庫(きゅうしょうこうかんぶんこ)の門柱
門柱
歴史博物館「義烈官(ぎれつかん)」の入口にある、旧彰考館文庫の門柱です。
徳川光圀が始めた「大日本史」を作成するために全国から集めた史料数万冊
を保存するための建物が、江戸駒込の中屋敷にあった彰考館文庫です。
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

鎔解炉(ようかいろ)
鎔解爐
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

火薬壺
火薬壺
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

クスノキ
クスノキ
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

桜川と千波湖
千波湖
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

入四間道標

この道標(みちしるべ)は、国道349号線から県道36号線への分岐点にあり、
御岩山への案内のために、江戸時代中期の安永8年(1779)建
てられたと伝えられています。

当時は道路地図など無い時代です、この辺りは現在でも人通り
の少ない所であり、重要な道標だったのでしょう。

~茨城県日立市入四間町(いりしけんちょう)にて~
道標
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

御岩神社(おいわじんじゃ)

古来より神々が()む聖地として崇められた霊山として知られています。

創建の時期は不明とされていますが、最古の地方誌「常陸国風土記(ひたちのくにふどき)
(721年)に「かびれの高峰(御岩山の古称)に天つ神鎮まる」と記され
ているそうです。

神仏混淆(しんぶつこんこう)であった時代には、境内には二十一の神社寺院があり
門前町である入四間宿は寺町と呼ばれていたそうです。

明治維新によって神仏分離が実行され、大日堂、観音堂、念仏堂、
大仁王門などが取り払われ、純粋な神社ですが、現在も当時の名残
を伝えています。
~茨城県日立市入四間町にて~

神社入り口
入口
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

参道
参道
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

三本杉(茨城県指定の天然記念物)
三本杉
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

楼門
楼門
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

吽形像(うんぎょうぞう)                    阿形像(あぎょうぞう)
吽形像  阿形像
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

楼門の天井絵
天井絵
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

(さい)神社
斎神社
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

斎神社内
斎神社内
FUJIFILM X-E1 XF14mm(21mm相当)+SILKYPIX

御神橋
御神橋
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

拝殿
拝殿
FUJIFILM X-E1 XF18mm(27mm相当)+SILKYPIX

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

«  | ホーム |  »

プロフィール

常陸のきょろ

Author:常陸のきょろ
趣味は街や建物写真。カメラはコンパクトがメイン、あまり焦らずにゆっくりとアップしていきたい。

最新記事

全記事からのタイトル表示

記事を表示する

カテゴリ

近代化遺産 (5)
茅葺き建物 (4)
神社・仏閣 (29)
街 (110)
歴史 (24)
自然 (34)
旅 (1)
日々の生活 (6)
ブログ (1)
パソコン (1)
車 (1)
カメラ (6)
建物 (470)
未分類 (4)
歴史的建造物 (22)
屋根 (1)

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。